ゴッドイーター2・レイジバースト・PSV版(ネタバレ注意)

初めての方は…

ここの読み物は筆者がクリアまでプレイしたゲームのネタバレ多めのレビューだよ!

ネタバレは見たくないけどゲーム自体にちょっとでも興味がある人は「この先ネタバレ注意!」までを読んで参考にしてね!

そこまでの文は初プレイの楽しみを大事にしたい人向けだから安心して見てね!

「この先ネタバレ注意!」以降の文はネタバレが一切問題ない人向けの内容になっているぞ。

プレイ済みであれば内容を思い出してまたやりたくなる、または未プレイでもネタバレを見て大丈夫な人であれば雰囲気をつかみ、ゲームを実際にやってみたくなる。

読んだ後にそう思ってくれたら幸いだな!

情報もろもろ

  • 発売日・2015年2月19日
  • 発売元・バンダイナムコゲームス 
  • 開発元・株式会社シフト
  • ジャンル・ドラマティック討伐アクション
  • プレイ環境・PSV(PS4版も同時リリース)

おススメする人

次の内で好む要素が多いほどプレイをおススメします。

狩りゲー・ハイスピードなアクション性・カッコ良い&キレイなキャラ多数・主人公は見た目やボイスをカスタマイズ可能・衣装やコスチュームが豊富(他作品のコラボもあり)・専門用語が飛び交う独特な世界観

クリアまでのプレイ時間は30~40時間くらいだよっ。

2のリメイク版ってことで、無印+追加シナリオクリアまで掛かるざっくりタイムって思ってほしいな。

ちなみに筆者のプレイ時間だけど、クリアまではおよそ60時間、追加シナリオクリアまで144時間くらいかかってるね。

ただこれって装備集めとかで、余分に同じミッションばっかりやってた結果だから、時間かかり過ぎて参考にならないかも。

ほかのプレイヤーさんは必要最低限の装備でも、これよりはるかに短いタイムでクリア出来ると思うよ。

でもキャラエピソードとかエクストラシナリオって番外編みたいなのもあるから、それを全部やった場合は余分に時間はかかるかな。

とにかくボリュームは申し分ないから、長く遊びたい人向けでもあるね!

このゲームは爽快感のあるアクションで、アラガミという魔物的な存在との激しい戦いを楽しめるんだ。

狩りゲー特有の視点操作を駆使する必要はあるが、豊富に用意された装備やスキルに技(ブラッドアーツ)を充実させることによって、難易度を大きく下げることも出来るぞ!

物語はアラガミによって滅ばされつつある近未来を舞台としているが、そこに生きるゴッドイーターたちの人間模様や活躍が劇的に表現されているんだ。

今作で追加された物語も無印までのものと見劣りはせず、新たな登場人物や未消化的な部分も回収されているからクリア後は満足度もひとしおだろう(賛否は大きく分かれるようだがな)。

また狩りゲーというもの全てに言えることかもしれないが、視点変更で画面をグルグル回す状況が多々あるゆえ、長時間やり続けると目が疲れてしまうだろうな。

程よい休憩をはさみながら気長にやってみてほしいぞ!

この先ネタバレ注意!














序文

今作はPSP版・ゴッドイーター2のリメイクでいわば完全版、数えでは初代ゴッドイーターから4作目にあたるタイトルです。

ナンバリングでは3が発売されてすでに久しいのですが、それまでにもゴッドイーターという作品はパチンコやパチスロ化もされ、なかなか遍歴が多いものとなっています(人気ゲームのパチンコ化は近年珍しくもないですが)。

なお今作レイジバースト(以降リメイク前を無印と表記します)では新システム・アラガミ追加などはもちろん、新規キャラ参入と賛否がはっきり分かれそうな追加シナリオなどあらゆる面で大幅なボリュームアップを遂げていました。

細かい面では一部イベントの描写変更やシーンの追加もなされています(無印にはなかったもので、他キャラから送信されてくるメールシステムも追加)。

ついでにソーマやアリサなど、初代ゴッドイーターから続投しているキャラたちも追加シナリオにおいて活躍の場がグッと増えました。

新旧キャラが入り混じってあらたな危機に立ち向かっていく展開は、よりアツいものとなっています。

またシナリオが終わっても追加ミッションや高難度ミッションの穴埋め、武器防具にあたる神機集めなど狩りゲー特有のやり込みが多く、すべてのミッションを終えトロコンもするには相当な時間を要すると思われます。

ここで少し話の視点を変えますが、シリーズ通して厨二独自用語の巣窟ですので、プレイヤーによっては世界観になじめないかもしれません。

たとえば特殊部隊ブラッド・終末捕食・黒蜘病などがそれにあたるでしょうか。

これら用語がイベント中も当たり前のように飛び交うので、シリーズ未プレイの方は少し戸惑うと思われます。

しかも今作は完全版ゆえにイベント数はさらに増え、それら用語を見る機会も大幅に増えています。

プレイを終える頃にはこれらゴッドイーター語録がきっと忘れられない、何ならゴッドイーター学力試験なんてものがあれば、かなりの高得点を目指せることうけ合いでしょう。

ともあれ未プレイの方で狩りゲーが好き、かつ公式サイトなどでキャラクターたちをながめて、気に入ったキャラが居たならソフトを購入してみても良いでしょう。

シリーズ随一のボリュームがあるといっても過言ではないので、ゴッドイーターを存分に味わいたい方が最初にプレイするタイトルとしてもおススメと考えています。

ここでも当たり前のようにゲーム内の専門用語が飛び交うから、ゴッドイーターをやったことない読者さんが着いていけないかもしれないね。

1つ1つの用語に説明が出来れば良いのだが、なにぶんその数が多すぎてな。

読み物の半分近く言葉の説明に費やされそうだから、そのあたりは都合により省かせてもらうぞ。

なんとなーく雰囲気だけでも分かってもらえればありがたいし、何ならゲーム本編に出てくるターミナルという機械を使えば用語の意味確認が出来るしな。

ストーリー ☆☆☆☆

人類の脅威である強大なアラガミに、唯一立ち向かえる力を持った若者たちが抗っていくシナリオは、いずれのシリーズでも共通なところ。

物語にも力が入っていて、要所では毎回アツい展開が用意されているためか、かなりの没入感が味わえます。

こと今作では黒蜘病(死の病魔)という陰鬱な設定もあり、シリアスなシーンが多く緊迫感もありました。

もっともダークになりすぎることもなく、フェチの求道者・ハルオミや過剰な騎士道精神の持ち主・エミールといった3枚目なキャラたちが見せるコミカルなシーンはある種の清涼剤にもなっています(2人ともイケメンなのですが、キャラの濃さがそう思わせないというマジック)。

明暗のメリハリがついたセリフやイベントが多く、ナナのおでんパン設定などは悲しいバックストーリーも持ちつつ、場を和ませることも少なくありません。

また任意のキャラクターエピソードでは、該当キャラとシナリオから少し離れたところで交流が持て、それぞれの魅力も深堀りされています。

もっともキャラクターエピソードの存在は無印でもあったことなので、リメイク前をプレイ済みであれば新鮮さには欠けるかもしれませんが、消化することでキャラが強化されるなど攻略上でもたいへん有益なものなのは変わりなく。

さらに今作ではフランやヒバリといったオペレーターについても、エクストラシナリオという形で主役級の見せ場がそれぞれ用意されている待遇。

ゴッドイーターバーストで起きた事件、リンドウアラガミ化の裏側についてもエクストラシナリオで疑似体験出来てしまいます。

というワケでメイン・サブふくめシナリオ的にも充分なボリュームと断言出来ます。

なおネタバレと冠しているレビューにつき未プレイの方に今さら配慮するのもなんですが、かつての無印では悲しい結末を迎えたキャラが2人存在していました。

正確には1人は死亡、1人は別空間で世界のために永遠に戦い続けているといった感じです(後者は時点で生死不明の扱いとされています)。

シナリオに大きく絡むこの2人に関しては、筆者からすると可哀想な人物以外の何物でもありませんでした。

しかし今作ではこの2名が救われる展開に。

なにぶん一旦ドラマティックに終わらせたシナリオを色んな意味で台無しにする超展開が最後に待ち受けているので、シナリオの賛否が分かれるとすれば要因は恐らくこれでしょう。

一方で人物それぞれに以後のちゃんとした結末をたとえ台無しにしようが用意しているところは高評価。

ジュリウスもロミオもホント良かったな!

筆者自身がHappyエンド好きなものでシナリオに関しては充分満足出来ました。

そう、たとえムリヤリな超展開だとしてもです(デウス・エクス・マキナ上等)。

もっとも無印までの完結の仕方で良いというプレイヤーの方も少なくないでしょう、しかし追加シナリオを踏まえて筆者はこれで良かったと思っています。

当方のほかゲームレビューでも語っていますが、筆者はストーリーありきのゲームに対して基本終わりよければすべて良しという考えの元で評価することがあります。

よってジュリウスやロミオのみならず、仲間キャラの誰しもが不幸な結末を迎えなかったということで、評価は高めのものにさせていただきました。

なおレア博士も追加シナリオにおいて出番が大幅に増え(支援キャラ化も果たしました)結末も彼女が吹っ切れた形となり、ある種のすがすがしさが見られました。

彼女の妹で黒幕的なラケル博士ですら、クライマックスを見る限り最後は救われたでしょうし。

ついでに無印では扱いが可哀想だったクジョウ博士も、ある意味で見せ場があったので良しとしましょう。

しかし、終始悪い意味でビジネスライクだったグレム局長は…。

あのキャラを好きだという人も少数だと思うので、彼はあのぞんざいな扱いでも一向にかまいませんが。

主人公の活躍

ゴッドイーターでの主人公は見た目・声・性別などが設定可能なキャラメイキングによって生まれる存在で、いわゆる主人公=プレイヤーという印象付けが強くなっている。

そしてストーリー上でもたいがい無口(バトル中のセリフは例外)。

一方でこのタイプの主人公は他作品においても他キャラの個性に飲まれて、いわゆる※空気となってしまうことがある。

※作品上でそのキャラが居ても居なくてもストーリーが成り立ってしまうことを表した単語。ほかのキャラが活躍するなどで出番を食われた主人公が陥りやすいポジションでもある。

そして今作での主人公もまたその域を大きく出ないものになっていたフシが。

ボイスによるイベントセリフこそなくもないが(詳しくは後述)たいがいのシーンでは首振り人形の如くボディリアクションを取るだけの存在となってしまっていた。

たとえば能力に目覚めたナナが一人で敵のおとりとなった後、合流した際にはジュリウスがクール&ホットなセリフで持っていき(主人公はナナへのおでんパン配給係)。

ギルが自身のつらい過去と決別し、赤いカリギュラと戦う時はハルオミと2人で場を進行させていた(主人公はあくまで付き添いポジ)。

ロミオがいじけ鬱から立ち直った時は別に主人公が居なくても良かった(ロミオが自力で立ち直ったようなもの)。

ことジュリウスは本来主人公が語るべきセリフをほぼ持っていくので、主人公の空気感が強く出るとしたら彼がカッコ良過ぎるからというのもある。

主人公が主体的に見せ場を作った数少ない場面は序盤に独断で神機兵に乗り込み、シエルを助けに行った時くらい。

確かにカッコ良い場面ではあるのだが、無印版での見せ場らしい見せ場はホントにこれくらい。

一転してまったくの空気かといわれるとそうでもない。

彼・彼女はシナリオ上必須な喚起の能力に目覚めるという設定に助けられているからだ。

この喚起は主人公と一緒に居る人がものすごく感情を昂らせることで新たな能力(ブラッドアーツ・バレット、ブラッドメンバーは血の力)に目覚めるというもの。

要するにアラガミと戦うことが存在意義でもあるゴッドイーターたちは、主人公と関わることでさらに強くなれるということ。

そういう設定なためか必然的に主人公の出番は全編におよぶ(というより全任務で主人公を外すこと自体不可)。

加えて、所属するゴッドイーターの精鋭部隊・ブラッドの中でも戦闘力の高さなどを評価され、入隊してまもなく副隊長の座へとのし上がる。

たとえるなら新入社員が一年足らずで主任や課長補佐にのし上がるようなものだろうか。

またこの辺りですでに仲間たちからの信頼度も高く、隊長のジュリウスどころか他メンバーにも全員一致でそれを認められるところは主人公属性がフルに発揮されているといって良い。

しかも恐ろしいことにそれはまだ序盤で起きることなのである。

あげく後に加わるコミュ障娘シエルの心をも早々に開いて「お友達になってください!」と言わせるあたり、これも喚起に匹敵する特初能力だと思わざるを得ない。

特殊能力とはいったもののあながちハズレではなく、ジュリウスからしてどこか人を惹き付けるところがあるとも評価されている。

さらに話が進むと先ほどのとおりシエルを命令違反および人事処分覚悟で助けに行ったり、喚起能力で次々と仲間の力を目覚めさせたりなど、活躍には事欠かない。

中盤以降ジュリウスがメンバーから離脱することになった時も、予定調和の如く後任を託され隊長へと就任することになる。

そして誰しもがそれをすんなり受け入れてくれるという。

さらには無印シナリオの最後・すなわち難度6の任務では歌姫・ユノと手をつないで世界を終末から救うという理由を知らないとワケがわからない見せ場も用意されている。

ずっと千両役者的存在で、みんなが信頼してやまない主人公ここにありというワケだ。

ただしこのクライマックスの直前イベント、極東ラウンジでのボイス付セリフは熱くレアでありながら面接座りしたまましゃべるため、それをちょっとカッコ悪いと思ったのは筆者だけかもしれない。

結果として。

数少ない見せ場・設定・ボディアクション・表情・選択肢といった手段を最大限に活かしてかろうじてらしいポジションを確立した者。

これが今作、ひいてはゴッドイーターシリーズの主人公といえる。

しかしゴッドイーター2において主人公評をくさすことをいえば、見せ場の多さ・良い上司感、オマケに美形男子でありつつ下手な漢より漢らしいジュリウスが実は真の主人公では思えてくる。

ロミオとの別れ以降は全てを抱え込んだ上、身内にすら誤解されようとそれら全てを守るため自らの道を行く(しかもこの時すでに彼も死の病魔・黒蜘病に侵されている)。

そして無印での彼のラストはこちらへと想いを託し、ほかの者が干渉できない特殊な世界で永遠にそして孤独に戦い続けることを選び去っていく。

…ちょっとカッコ良過ぎだろうよ。

あーん! ジュリウス様ー!

しかし。

今作ではそんな彼すら救う出来事が最後の最後に待ち受けているので、ある意味では「カッコよく去っていったのでアレで終わらせておけば良かったのでは?」という風な感想があっても仕方なさそうだ。

しかも追加シナリオクリア後に待つキャラエピソードでは、俗にいうピクニック隊長によるカレーライスの巻。

もっとも全クリまでは上げて落とす展開の繰り返しだったので、最後はそれでほのぼの出来て良かったのだけど。

…そういえばここは主人公の話だったか。

一応追加シナリオの最終任務クリア後には見せ場シーンがもう1つある。

該当シーンは先の面接座りでのセリフシーンとはちがい、アクションもともなってしっかり主人公らしさをかもしているので必見。

面目躍如。

無印版でもハイライトだった

ロミオの死亡イベント。

追加シナリオ・エクストラシナリオまで遊びきった今もなお最大の見どころと断言したい。

むしろ当イベントにシナリオライターさんの全力投球がされていたとすら思える。

描写・BGMすべてにおいて以上の見せ場はなく、凄まじい悲壮感にはある種の美しさを感じてしまうほどで映画を見ている感覚にむしろ近かった。

このロミオイベントは彼が老夫婦を助けるため駆けつけた際のバトルシーンと、ラケルによる独白シーンが交互に挿入され、結果、赤い雨が降り注ぐ中、ロミオは単独でアラガミの群れと戦い散る。

息絶える寸前に彼が遺した言葉、そしてジュリウスが彼を失った際に放つ慟哭は胸を容赦なく打ちすえる。

またブラッドメンバーの誰よりも遅かったロミオの能力発現は、皮肉にも彼の死と同時に目覚めることに(ロミオの力はなかなかチートな能力で、追加シナリオ上でも超重要なカギを握ることになる。彼の神機が死後でも休眠という形をとっていることが実は伏線)。

なおここでの主人公は別な場所で避難民を守っているため、完全にカヤの外。

以降は沈痛さが際立つ葬儀イベント、さらに数ミッション経過するまでは暗いBGMが場を支配するため、プレイヤーの心にもしばし暗い影を落とすことに(ロミオの様なムードメーカーが居なくなると凹みは増す模様)。

もちろんロミオは戦線から退場し、シナリオも急転。

決意したジュリウスがメンバーから離脱して、主人公たちとは別々の道を歩むことに。

この時点で彼も最後の最後まで長期離脱するが…(ある意味で闇落ち)。

そして復活ッ!

と、ここまでがかつての経緯だが、追加シナリオでの結末時はすべてを台無しにするかのようにロミオもジュリウスも生前の姿のままあっさり戻ってくる。

主人公「(今までなんやったんやろ)…ま、ええか! 新生ブラッド再始動や!」

というように超展開を素直に受け入れるかどうかはプレイヤー次第。

一応いきさつはちゃんと語られてはいるが、ここまできたらもう何でもありで、ゴッドイーター世界では今後何が起こってもおかしくない。

ちなみに追加シナリオクリア後はロミオ・ジュリウスそれぞれにもキャラクターエピソードが追加されるが、ドラマティックに死んでいったロミオや、特異点として一人で戦い続けることを決めたジュリウスを目の当たりにしているのでこちらも蛇足感がハンパじゃない。

個人的にはあって良かったのだが、シナリオの美しさや悲しさを重視する場合、これらのキャラエピや彼らの再加入はそれを邪魔するものという見方も出来るワケで。

ロミオ「それひっでーな!」

ジュリウス「いやムリもないだろう」

いやいや戻ってきてくれてホント良かったですよ。

あのアニメ作品と少し…

無印ラスト時の話に戻るが、サカキ博士の奇策によりユノ、ひいてはその歌の力で終末捕食同士を相殺させる(要するに世界を救う)流れになる。

クライマックスでは世界中に中継される彼女の歌によって、黒蜘病患者の意志力を借りて破滅を防ぐという流れとなり、ドラマティックで良いと思ったが…。

歌の力で世界を救うってまるでマク○スみたいだなと。

ひょっとしてシナリオの参考にしたのだろうか?

邪推に過ぎないのであくまで憶測ということで。

なおそれまで出番の多かったユノは以後極東から離れ、今後のシナリオ上ではほぼ空気と化す。

もっとも全クリ後には極東に姿を見せることもあり、支援メンバーとしても選べるので出番が皆無になったワケではない。

リヴィの存在

あれだけ個性が強いメンバーへあらたに加入しても浮いてしまうのではと思ったが、新キャラ・リヴィはみごとにそれを乗り切った。

フェンリル本部のエリート「情報管理局」所属ゴッドイーターな彼女は、言動や立ち振る舞いがたいへんクール。

戦闘面で優秀なところなども、どことなく女ジュリウス。

そんな彼女はオラクル細胞が暴走してアラガミ化した隊員を介錯するための人間で、いわばゴッドイーターの汚れ役。

こうしたダークヒロインのポジションは、ほかのキャラと上手く差別化が出来ていた様に思う。

その活躍は無印シナリオ後、キュウビを倒し、防衛班との任務も一通り終了させてからはじまる。

最初のうちはクソエラそうなだけの管理局長のフェルドマンや、エリート意識高めで高慢ちきな局員たち(モブ)と共に極東支部にやって来るのだが…。

以降しょっぱなシエルにも負けないほど頑ななリヴィを中心にすえて、シナリオが展開していく。

シナリオ半ばで異変が起こり、その正体を確かめるためリヴィの「他人の神機とムリヤリ適合する」というハイリスクな能力が不可欠に。

そして彼女がかつてのジュリウスやロミオの神機と適合しながら、ブラッドメンバーと新MAP(螺旋の)探索をすることになるが、やがて能力の代償によって自身の身体を蝕むことになってしまう。

だが結果として、一時戦線離脱となったリヴィが復帰するまでの一連のイベントは、ブラッドメンバーとも親睦を深める良いきっかけに。

以降は吹っ切れ、メンバーと共に世界の危機を救う。

最終的にはロミオ・ジュリウスの再加入と共に、彼女も新メンバーとして加入(立ち位置はブラッドのお姉さん的存在な模様)。

だいたいが劇中での彼女の活躍だが、終わりは大団円である。

ところで。

結果幸せなお姉ちゃんキャラになれたリヴィを、ロミオとのカップリングキャラとして見ると、より人物が立ってくる。

幼少時からほかの人物との接点があまり描写されなかったナナやシエル(シエルの場合ジュリウスとは多少関わりがあったものの…)とちがって、ロミオとリヴィはちゃんとした友達関係を築き上げていたワケで。

また関連シーンではしばし出番のなかったロミオが幼少時とはいえ再登場する上、ここでのリヴィが段々と心を開いていくさまや感情があふれ出して泣き出してしまうところなどは、思わずこちらもウルっとしてしまった。

リヴィもなんら普通の子供と変わらない感情の持ち主だったワケである(もっとも以降ブラッドと関わるまではまた歪んでしまうのだが)。

なお今回で後付けされたのか、かつてはワリと謎めいた施設だったマグノリアコンパスにおいて過ごす子供たちの日常が、ついでに垣間見られたが…。

イベント時でのセリフも聞くかぎり、親兄弟を亡くしたなどの不幸な事情を持つ子供たちが引き取られ「ラケルのある目的のために」養育されていた点以外、なんとなく普通の学校っぽいような気もした。

意外?なことにロミオはほかの女子からも想われていたもよう。

システム・内容 ☆☆☆+

複合コアなど廃止されたものもありましたが、支援メンバーの選択や後述するブラッドレイジなど多くのサポート要素が追加されているため、プレイ難度は下がったように思われます。

いくぶんやりすぎかもしれませんが、新要素の1つであるスキルインストールはかつての神機固有スキルとはなんだったのかというレベルで、要は「自由にスキルを付け替え出来る」ようになり、カスタマイズの自由性は大きく向上しました。

また主人公以外のスキルが追加・変更可能になったのも大幅な進歩でしょう。

スキルによっては生存率や攻撃能力の向上および被弾率を減少させるなどが可能で、NPCメンバーもある程度主人公に匹敵するほど活躍してくれるようになりました(ブラッドアーツや能力、使える神機の制限などはそのままなので、役立つメンバーは限られますが)。

一方アラガミは動きの素早いガウェイン種や、DLCのみだがオロチ種などが新規で出現。

既存アラガミはもちろんそのまま登場し、かつて多くのプレイヤー(筆者含む)を散々苦しめたであろうあのマガツキュウビも続投しています(殺生石の持続時間に調整が入ったことや、後述するブラッドレイジの存在もあって大分倒しやすくなっています)。

そしてこれら既存アラガミの亜種も別途出現するように。

無印ラスボスの別バージョン・エインヘルヤルや、複数討伐では処理落ちの元凶と騒がれるヤクシャ・ディーヴァ、さらにはコンゴウやカリギュラなどの亜種なども追加されていました。

ちなみにその内の1体・ムクロキュウビ初見時などは「まさかこいつも石だすんか」とビビりましたが、どうやらそこまで鬼畜ではなかったようでホッとしました。

このようにアラガミのバリエーションも増加したワケですが、今作でもミッション名と概要テキストのみ変えただけで中身は同じ様な任務がほとんど。

後半以降は新規・古参のアラガミが入り混じったサバイバルミッションも増えますが、それも似通ったものばかり。

もっともDLCのような例外はともかく、新規の敵がどんどん解禁されるオンラインゲームでもないため、これはほかの狩りゲーよろしく仕方ないことかなと。

一方で任務を受ける際に見られるテキストでは「アラガミの居る場所にあえて侵入した民間人」が居ることが分かったり「ゴッドイーターの宣伝に協力する」などの変った目的が存在したりで、ユニークに思えるものも(こちらは無印でも同様ですが)。

が、任務でそれらに関連する行動を取ることもなく、ほぼ全ての任務が目標アラガミを仕留めて終わりです。

しかし討伐が目的の任務のみのゲームなので別にまちがいではなく、なんなら狩りゲーによく見られる、拠点⇔任務の繰り返しに尽きます。

とはいえシナリオ面ではキャラエピソード、システム面ではブラッドアーツ・バレットの存在などの要素が充実しているため単純作業感はそこで穴埋めしている感じなのはかつてと同様です。

しかし先ほどの追加要素のおかげもあり、やることも大幅に増え、無印と比べて作業感はグッと薄れたように思われます。

細かい部分では快適さに関わる残念な面が引き続いていますが、舞台やMAPがそれほど豊富でもない分、面白さは高いレベルでコンパクトに凝縮されています。

アラガミの見た目に関していえば、ツクヨミの地べたをはい回る虫のような動きは、どことなく神秘性が感じられる外見に反して特におぞましいな。

そういう意味ではヴィーナスも似たようなものか。

お尻?からも化け物出てくるからね。

あとデザインの気合が特に入ってるのかラスボスは神々しいような禍々しいような、まさしくって感じだし。

でもみんなそんなのじゃなくて、シナリオ中でも触れてるけどキュウビは動物っぽくて愛くるしいリアクションとるけどね。

あとアバドンくらいかな、カワイイのは。

ブラッドアーツゲー

スタイリッシュなアクション性に恥じない中二病心をくすぐる特殊アクション・ブラッド・アーツ。

無印から継続されたシステムの1つで、かつ全ての武器種に設定されており、任務終了時に取得する経験値によって成長ゲージを満たすと次の段階のブラッドアーツが修得可能。

バリエーションも豊富で、禁じ手奥義的な黒アーツ(アーツアイコンが黒くなっているもの)には体力消費などのリスクと引き換えに大ダメージを負わせるようなリスキーなものも。

さらにその一部には超シビアなタイミングで発動させないと不発に終わるものなど、プレイヤースキルが問われるものも存在。

序盤から「アラガミかてーしつえーし全然快感じゃねーよ」となったなら、ゲームをぶん投げずまずは普通のアーツを1つ修得出来るようになるまで、しばしガマンして欲しいところ。

重要なことなのでもう一度。

序盤で放り投げずしばしガマンを。

なんらかのアーツを修得して、とりあえず1ミッションでも出撃すれば楽しさが分かるので。

ゴッドイーター特有のスピード感やスタイリッシュさを真から味わえるのはブラッドアーツが使えるようになってからといっても過言ではなく。

技によっては攻略上の難度もプレイの快感さも大きく左右するワケで。

むしろ使わないとアクションの楽しさは半減するといっても良い。

ところで筆者の場合、新神機であるヴァリアントサイズのブラッドアーツをメインに使っていたが、まー楽しかった。

特にサイズのアーツ・デッドウィーダーは広範囲かつ複数箇所に多段ヒットするため、連発するとたいがいのアラガミの討伐時間は10分もかからない(ホールドが付与されたサイズだとさらにヤヴァイ)。

また中距離から敵を一方的に攻撃できる性能なのもあり、被弾率も少ないためサイズ自体も優良神機。

と、いうよりほとんどの任務はサイズとデッドウィーダーでクリアしたほど。

たまーに※エクスキューションに変えてアクション性を楽しむくらいだろうか。

※タイミング押し必須のサイズ黒アーツ。発動成功するとダメージもさることながらゴリゴリ削り斬る感覚も味わえとても気持ち良い、ある意味一押しアーツ。

一方で弱点をピンポで狙うのが未だに苦手である(攻撃をよけたりガードしたりもするが、めんどうになるとごり押しになりがち)。

なお当方は基本ポッチプレイヤーにつきオンで遊ぶつもりもなく。

ガチプレイヤーからすると、恐らく足を引っ張るヘタレイーターなのはまちがいなさそうなので。

レイジも慣れると楽しい

新システムであるブラッドレイジにより、バトルの疾走感と攻略の楽さは増した。

タイムアップまでに「指定した中・大型アラガミに一定以上のダメージを与える」・「50回以上ダメージを喰らわせる」などの条件を満たすと、中二病が喜びそうな翼のようなものが生え、かつ制限時間付きでスーパーサイ○人化したような強さの形態で戦うことが可能。

攻撃力アップはもちろんダッシュ性能やスタミナの回復力アップ、神機のアクション追加など多くの恩恵を授かるほか、果てはレイジ終了まで無敵というオマケつき。

いうまでもなく対象アラガミ撃破のスピードはアップし、ゴッドイーター特有の爽快さにある意味で拍車をかけている(とはいいつつ後半・クリア後はブラッドレイジ使用前提での任務難度になっているのかそこまで無双でもなく)。

ちなみにこのブラッドレイジ、主人公のみが使えるという超待遇。

存分に主人公プレイも楽しめることはうけあい。

もっともレイジを使いこなせるようになるとソレ無しでのプレイには恐らく戻れなくなるので、縛りプレイでもしない限りやがてデフォルト化することに。

少なくとも爽快感は折り紙付きなので、これをぶっぱなしてプレイするとストレス解消にはなる。

服多すぎ

ウリといっても良いシステムにケチを付けるのは忍びないが、色ちがいなだけでやたらスタイリッシュな名前の同形状衣装が多すぎる。

ゲームクリア後にほとんどの衣装が解禁された状態でカーソルを下に動かすと、最下段まで数秒以上かかるという豊富さ。

いやいやそんなに着替えんって。

せいぜいその中でも5種類くらいの衣装しか作らなかったし。

楽しめる人は良いかもしれないが、色ちがいの衣装をあれだけ用意するのだったら、形状だけ1つ用意して後はカラーリングを設定で変更出来るなどにすれば行も圧縮出来て良かったのではと思っている。

もっとも他作品のコラボ衣装などを用意していたのは見る目に楽しいし、ファンにとっても嬉しいだろうが…いらない人にはホントに必要ない。

男・女主ともどもあんなに多くなくても。

コラボ作品で着せ替えたのは〇魂の銀さんコスくらいだろうか。

人にとっては殺せ〇せーの頭などに付け替えて、シリアスなシーンを台無しにするプレイスタイルも面白いかもしれないが…(別ゲー・忍道でもそんな楽しみ方がある)

ちなみに服の入手はトロコン条件にもなっているので、やり込みプレイヤーは衣装持ちにならざるを得ない。

視点がなー…

今作でも引き続き、カメラワークにおいて大きなマイナスポイントが。

銃ならまだしも近距離武器で大型アラガミと戦っていると、近すぎてダメージ値が分からない場面が多々あり。

さらにアラガミの身体が画面をおおって何も見えないことも。

こうした現象は随一の大きさを誇るウロヴォロス系と戦っている時が分かりやすい。

またスピード感があることも災いしてか、接近かつ高速移動する攻撃方法をとるとダメージ値がさっさと画面外にいってしまい、なんぼ喰らわしたか分からないことなどはザラ。

急いで視点を回して確認しようにも値はすでに消えているという始末(上手いことやればギリギリ視認できることも)。

最強候補のショート黒アーツ・アストラルダイヴのように超スピードかつ接近でくらわせるものがイマイチ使いづらかったのもこの視点のせい。

リメイクに際してはもう一段階、大きい引きの視点が欲しかったところ。

さらに視点の具合によってはステージに生えてる草すら視界を遮ることにも。

なんも見えん。

俯瞰(ふかん)気味にこちらが視点調整してやれば若干解決するものの、バトル中ずっとそうするワケにもいかず。

視点はあれ以上どうしようもなくとも、せめて値の表示時間がもう少し長ければ大分良かった。

もっとも、それなりに見通しも良く草木の生えていない空母・エイジス・保管庫や螺旋の樹の一部ステージなどは割と戦いやすいが…。

ところで筆者はあくまでPSV環境でのプレイなので、これがPS4だったらマシになっているのだろうか?

持っていないし確認してもいないから分からないが、ここまで語った視点によるマイナス点が無いならシステム面の感想はほぼMAX良でも良いと思っている。

支援イベントについて

追加されたシステムでさ。

任務時に参加するメンバー以外にも、色んな役立ち効果が得られる支援キャラが選べるようになったじゃない。

うむ、メイン・サブ問わずたいがいの者を選べるようになっていたな。

ペットのカルビどのまで選択出来るというところに、遊び心が現れているように思うぞ。

しかもさ、任務終了時に支援効果が発動したキャラに付いているマークが3つあると、ミニイベントが起きることがあるんだよね(ことっていうかほぼ100%な感覚だけど)。

ダミアンどのだとリンゴを向きながら会話をしたり、シエルどのだと彼女の相談に乗ってあげたりするやつだな。

どれもほんの1コマだけだが、ちょっとした幕間の場面として楽しめるものに思えるぞ。

しかも各キャラに用意されていたのが嬉しいとこだよね。

その中でもレア博士のやつって、すっげー思わせぶりだったなあ。

なんか事前にシャワー浴びてるし、時間守りそうなキャラなわりに遅刻してくるし(主人公と逢う前に気合入れておめかししてるのかなあ?)。

アレってその後主人公と…。

それ以上は言うな。

思わせぶりなだけで、何もなかったかも知れないのだからな。

確かにセリフも際どく思えるし、絶妙なタイミングで暗転して印象には残るが。

彼女が好きなプレイヤーどのは必見かもしれないが…。

プレイヤーによりけり

筆者の場合、ほとんど銃形態使わないんだよね。

9割以上近接っていうゴリ押しだし。

当初は銃形態の存在すら忘れていることすらあったようだな。

ボタンの押しまちがいで意図せず銃へと変わった時に「ああ…そういや全然使ってないや」と思ったりするようだが。

使うとしてもアラガミバレットをせっかくだから仕方なく放つ時や、アラガミが逃げる時に後ろから追撃するくらいか。

もっとも筆者どののような者は少なくないかもしれないが。

ま、難度15とかDLCをやるようになってからは、流石にプレイスタイルやスキルを見直して、銃形態もひんぱんに使う様になったみたいだけど。

直近ではショットガンのバレットに徹甲弾チップ付けて近距離でぶっ放すのが楽しいみたい(しょっちゅうNPCまきぞえにしてるカノンちゃんスタイルだけどね)。

(どちらにしろ近距離で戦うことがほとんどなのだな)

ところでスキルの見直しといったが、有益なものはある程度決まっているのだろう?

どのスタイルでも体力・スタミナアップと、ほかはふんばり・覚悟も付けとくと落ちづらくなるからおススメかな。

さらに保険でガード範囲とか、上手い人ならJGHP回復とか付けても良いかも。

高難度だとランク15の+30盾持ってても、けっこう削られるしね。

ステップで避ける技術も大事だけどさ、防御系の関係スキルも後半ほどありがたくなるよね。

ま、結局目標アラガミとかプレイヤーのスタイルによりけりだろうけど。

のこじん(残された神機集め)についてプチ情報

貴重(レア)な神機を収集したい場合、どの任務を受ければ良いだろうか?

うーん、普通にストーリー進めてった結果だけど、神機の強化を進めるだけで付与されるものとか、持ってるのこじんで適当にスキル付けても詰まること無かったしね。

そんなワケでクリア後になっちゃうけど難度15の暴食の儀とかだね。

鍛え上げたランク15サイズ(ホールド付いてる獣鎌とかだとなお良いね)のデッドウィーダーを使って、ウロボロスの触手狙ってぶんぶん振ってれば10分かからず終わるよ。

もちろんレイジ使ったら、さらに早くなるし。

それと遺された神機入手増Ⅱとか遺された神機レア↑Ⅱとかバックアップメンバーに付けとけばもっと幸せになれるよ。

なるほど。

効率も良さそうだし、あまりほかの任務にも脇目を振らずに済むな!

ブラッドアーツの成長狙いでもおススメ任務だしね。

ついでだけどのこじんの+補正付きは難度関係なく、どの任務を受けても一定の割合で出現するみたいなんだ。

そっちが欲しい場合は低難度でソッコー終わるものを選ぶことだね。

ボクのおススメは難度2の墨の杜かな。

任務開始直後に目の前にヴァジュラが降りてくるから、それを倒して終わりさ。

やっぱり獣系武器でホールドさせてボコボコにすると効率良いね。

それとこっちでも神機入手増Ⅱを付けてくり返しやるのが良いと思うよ!

サウンド ☆☆☆+

良曲ばかりで歌が挿入されたものも少なくなく、かつ耳障りなものは1つとしてありません。

これは適当な感想を言っているのではなく、わりと最大級の賞賛です(そもそも筆者は作曲や音作りが出来る人間ではないので、そういうものを作れる方を素直に尊敬してやみません)。

昨今めずらしいことでもないのかもしれませんが、楽曲によって海外の音楽家さんを採用しているあたりも、お金の掛け方力の入れ方が半端ではなく。

しかし曲作りというものがいかに大変なのかはかりしれないことを踏まえて、印象に残るものがそれほど数多くなかったというのが率直な感想でした(場面や思い入れにより記憶への残り方もきっとちがうと思いますが)。

曲数が多いのに反して、好みのものが少ないというやつです。

一応、やたら耳に残った曲がいくつかあったので列挙します(リライトにて追加するかもしれません)。

狼の咆哮

極東支部のBGM。

記憶ちがいでなければ初代と同様のもので、懐かしい感覚にもひたれた。

同じ拠点でもフライヤの曲とはちがい、明るめで勇ましい感じ。

また支部でかかる曲は数回に分けて変わるため聞ける時期は限定されるものの、前半部クリアまでメイン曲になる分、耳にも残りやすい。

悪鬼の棲処

ロミオの仇となるマルドゥーク捜索時の渓谷MAPなどで聞くことが出来る。

恐ろし気な曲名からイメージ出来ないほど幻想的なメロディで、何語か分からないボーカルも入っている。

今考えてみるとどこかもの寂しい曲調も、後にロミオにおとずれる悲しい運命を示唆していた気がしてならない。

Wings of Tomorrow

そして件のマルドゥーク戦曲。

直前にブラッドメンバーたちと「かならずロミオの仇をとろーぜ」的に結束をかためた後でもあるので、バトル時の一体感も増し、テンション爆上げなこと請け合い。

こういう局面のバトル時に激しめの曲がかかるのってボルテージがぶちあがるわ。

もう背筋ゾクゾクで脳汁も出まくり。

かなりのお気に入りなので、ほかの任務でもこちらに曲変更して挑むことも少なくない。

あれ? 光のアリアは?

メインテーマなのに。

あまりピンと来なかったようだな。

キライではないのだろうが、戦闘時の曲の方が刺さりやすいのかもしれないぞ。

まあ人ぞれぞれだからね…。

ボクは好きなんだけど。

総評 ☆☆☆☆+

大手ゲームメーカーが各分野のプロフェッショナルと、多額の費用を使って作り上げたであろうことで、追加シナリオの賛否はともかく、アクション・演出・楽曲の質は当たり前のように高いものとなっていました。

ボリュームも申し分なしです。

むしろ大手ゲームメーカーが本気でストーリー付きの狩りゲーを作ったら、これほどのものが出来上がるという。

クリア時には感慨深さと共に、そんな野暮なことも考えていたのを記憶しています(いやですねえ)。

仕様なので仕方ありませんが、内容そのものは決まったステージで狩って、戻って装備や能力を強くしてまた狩りに出るのいわば狩りゲー特有作業の繰り返しです。

何なら不思議のダンジョンなど、行って戻るハクスラ系と同じ。

その単調さをキャラ重視のシナリオ、神機の作成やコスチューム、ブラッドアーツにパーソナルアビリティといった多くの要素で打ち消しているという感じです。

おまけに人によっては時間が経つのも忘れるというブラッドバレットのカスタマイズもハマることに一役かっているでしょうか。

ここまで詰め込まれたら、以上の質を求めるのは酷です(うだうだ文句ばかりいうなら、むしろお前がゲーム作ってみろと言われそうな感じです)。

私事ではありますが、これをプレイ中の時期は私生活で本来優先しなければならないことや当ホームページの別な読み物・ラクガキ作成もしたかったため、そういう意味では非常にまずいゲームでした。

あげくかつてはDLCだった防衛班シナリオも元々同梱されていたほか、無印と同ボリューム以上の追加シナリオのおかげで純粋なクリアまでですら相当なプレイ時間に。

ほか公式でハイスピードで爽快な討伐アクションと銘打っているとおり、敵もこちらも動きが素早く視点をコロコロ変えることにも忙しいため、操作には細やかなものを要求されます。

またPSVだとタッチパネル要素もあるため、まちがってMAP拡大をしてここぞという時画面をさえぎってしまうこともしばしば(設定で切ってしまえば良いだけですが)。

プレイヤースキルでそんなことはいくらでもカバーは出来るのですが、度々休憩をはさむなどして目を労わったプレイを必要とするゲームでもありました。

なお筆者はぶっ通しのプレイで何度か頭痛気味にも。

個人的に惹き付けられるシナリオでもあったためか、やめどきが難しくもあるんですね(ブラッドアーツを次のレベルにするため、余分にミッションをこなすなどしてとにかく時間だけが無駄に過ぎていくという事態)。

ゲームプレイには1時間に何度か目を休める必要性があるということを再認識しました。

結果がっつり遊ばせてもらえたゲームなのですが、某通販サイトで送料無料の400円足らずで購入出来たゲームだという事実。

もちろん中古ですが値段よりはるかに元が取れた気分なので、良しとしようかなと。

機会があったなら続編である3もぜひ遊んでみたいと思っています。

ここで今さらながらですが、隠しボス的なアラガミ・紅蓮のオロチ(赤オロチ)と戦える任務のほか、多数の高難度任務追加が無料アップデートにて行えます。

これらの任務のほとんどは難度15以上なので、全クリしてからでないと解禁されないですが、調整やバグの改善などもアップデートには含まれるため、ゲーム開始時から行うのがおススメです(どのゲームでも当たり前にやるべきですが)。

ついでにアップデートとは関係ありませんが、全クリ後は任務難度が99まで変更できるというオマケも。

更に上を目指すプレイヤーには嬉しい要素なので、その辺りも考慮された抜け目ないゲームだということも付け加えておきます。

最後に。

赤オロチ倒せねー!!

赤オロチ強すぎー!!

なんであいつあんなに体力有るの?

物語最後の敵と比べ、倍以上あるという話だぞ。

それよりもほかのアラガミと比べて、こちらを執拗に狙う感じがして戦いづらいのもあるな。

ああ、それ※ヘイトってやつだね。

赤オロチって自分に多く攻撃してきたやつをしつこく狙う仕様になっているみたい。

たいがいプレイヤーの方が攻撃メインになるだろうから、狙われやすくなるのは当然だね。

※ヘイト→敵からこちらに向けた敵対心度。おおむね敵を多く攻撃したり特定の行動を取ったりすることで、ヘイトが蓄積しターゲットにされやすくなる。反対に時間経過や敵から攻撃を喰らうことで減少する。近年アクションゲームによく見られる要素。

だからか!

元が多大な攻撃力を持っているから厄介だな。

破壊後の頭と双頭、破壊前でも前足に切断系神機でダメージ与えると良いんだけど、あいつ動き速いから正面立つのめっちゃ怖いよね。

それに筆者は今まで麻痺サイズでのデッドウィーダーでごり押しプレイばっかしてきたから、ヒット&アウェイがヘタッピになってるし。

まあスキルの見直しと適度にブラッドレイジかまして気長にやればなんとかなるとは思ってるらしいけど…。

スキが少ないからブラッドレイジ狙うのも大変なんだよなあ…。

根本的なプレイヤースキルの問題もありそうだから撃破までしばらくかかりそうだな。

いずれにしろ倒すこと自体は不可能ではないのだし、気長に吉報を待つか。

ゲームとはいえ何かに本気になることは悪いことではないしな。

プレイ日記未満なもの→前述のおよそ2日後、赤オロチ苦戦の末、無事撃破できました(久しぶりにアクションゲーに全神経使ったような気が…しんどかったです)。

しかもサイズ一貫で倒せたようだな。

やって出来ないことはなかったのだな。

15分くらいかかったみたい。

決め手はブラッドレイジ2回発動出来た上、+30麻痺サイズのデッドウィーダー連発で良い調子でダメージ与えられたからね。

後半はグレネード使い倒して、めっちゃゴリ押ししたっぽいけど(それがかえって良かったのかな)。

あと同行メンバーをシエル・リヴィ・エリナからエリナ→ナナに変えたのが特に大きかったのかも。

血の力で彼女がおとりになることが多かったおかげじゃない?

プレイ日記未満なもの2→残されている難任務はジャックインザボックスのみです(この際、赤オロチを2名で討伐するやつは省きます)。

幾度か挑戦しましたが、今のところクリアの兆しがまったく見えません。

最初のヴァジュラですら倒すのやっとです。

そしてヴァジュラにトドメを指す間にハンニバルが来やがり、乱戦になります(だいたいここで耐久力使い切ります)。

そういう乱入付きで残り2体、ブラッドレイジフルで使えようがかなりのマゾ任務。

これ全任務で一番難しいやつだと思っています。

そもそも防御と回避が上手くないんだよなー。

増援を意識し焦り過ぎているのも大きいかと思うので、もっとアラガミの攻撃モーションに慣れつつ、じっくり挑むことにします。

了。

コメント

タイトルとURLをコピーしました